" 自動車保険 過失割合

過失割合と過失相殺

加害者と被害者が公平に損害を分担する

自動車保険でよく聞く言葉に「過失割合」とか「過失相殺」という用語があります。

この過失割合とはいったいどういうことなのでしょうか。

自動車事故の場合、追突事故など「もらい事故」以外の事故、つまり動いているもの同士の事故では、ほとんどの場合で当事者の双方に「過失」が生じます。

この双方の過失の割合を全体を100としてあらわしたものを「過失割合」といいます。

自動車事故の過失割合の認定は、次のような道路交通法等の規定の優先関係や遵守事項などに基づいて事故1件ごとに行われるのが基本です。

・道路交通法に定められた優先関係の有無
・事故当事者の状態(歩行、車両搭乗の別など)
・事故発生時の環境(昼夜の別、交通量、道路環境など)
・事故発生が予想度、結果の回避度

紛争を速く適正に解決するために、日弁連交通事故相談センターの過失割合認定基準表、判例タイムズ社出版の「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(通称:判例タイムズ)など、各種基準を基にした認定も行われています。

認定された過失割合に応じて賠償額が相殺(減額)されるのが過失相殺であり、自動車保険の補償額に大きく影響することになります。

例えば、あなたが自動車事故で怪我を負い1000万円の損害を受けた場合、あなたの過失割合が4割、事故の相手方が6割だとすると、1000万円のうち4割分を差し引いた600万円が相手から支払われ、過失分4割に相当する400万円は自己負担、つまり自分の方の自動車保険から補償を受けるということになります。

過失割合を決めるために実況見分調書が必要になることがありますにで、事故が起きた場合には必ず警察に通報することを怠ってはなりません。

自賠責保険における過失相殺

自賠責保険は被害者救済を目的としています。

その趣旨から自賠責保険の場合は、被害者に過失があったとしてもそれが重大な過失でなければ相殺はされないことになっています。

重大な過失というのは7割以上の過失のことであり、被害者の過失割合が7割に満たない場合は自賠責保険においては過失相殺はされませんので損害額の全額を保険請求できることになります。

重大な過失の例(7割以上の過失)

・歩行者の場合・・・赤信号横断
・車の場合・・・一時停止違反、赤信号直進、非優先道路から優先道路との交差点へ進入

提示された過失割合に納得できないなら

保険会社から提示された「過失割合」に納得できない場合は救済手段はあるのでしょうか。

保険会社が提示する過失割合は、加害者、つまり保険会社側に有利な割合になることが多いと言われます。

加害者側の過失割合が低ければ保険会社の保険金支払額が少なくなるため、被害者の過失が大きくなるように誘導されることもあるようです。

加害者側の保険会社と被害者側の保険会社とが「過失」を押し付け合うようなこともありえます。

基本的には次の3つが立証できれば、動いていた場合でも過失は0%です。

■あなたに道路交通法違反が認められない。
■本件事故を予見することができなかった。
■だから、事故回避処置をとることができなかった。

納得のいかない過失割合については「異議申し立て」を行うことができます。

異議申し立ての段階になると保険会社と被害者側の専門家の攻防になりますので、具体的には司法書士事務所などに相談することになります。

対人賠償保険対物賠償保険人身障害保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険過失割合車輌保険免責


このページの先頭へ