" 自動車保険 自損事故保険

あまり意識されることのない自損事故保険

対人賠償保険とセットの自損事故保険

「自損事故保険」は、通常、対人賠償保険を契約すれば自動的にセットとして付いて来ますので、契約時に改めて保険金額などの設定することもなく別段の特約保険料を支払うこともなく済んでしまいます。

そのため、通常はあまり意識されることはないのですが、任意保険のメニューとして重要な役割を果たしているのが自損事故保険です。

いわゆる「自爆」事故というのは初心者ドライバーに多いとは限りません。

信号待ちの車への追突やセンターライン・オーバーで対向車と衝突という、いわゆる「百ゼロ」(自分の過失割合が100パーセント)事故は、現実にかなりの割合で起こっています。

この様な交通事故の場合、自分の怪我や損害等については自賠責保険は全く役に立たないことになり、任意保険の「自損事故保険」が重要性な役割を果たすことになります。

自損事故保険はいわばドライバーを補償するための保険であり、単独の自損事故だけではなく、相手がいる場合での自損事故にも適応されます。

「駐車場で停車している車にぶつけた」「センターラインをはみ出して衝突した」など、相手側に過失が全く無い100対0の事故でも、ドライバーへの補償が行われます。

いざという時にありがたみがわかる

自損事故保険は、自損事故のときにドライバー自身を守る非常に頼りになる保険であり、いざという時にそのありがたみがわかる保険だといえるでしょう。

自動車保険の「自損事故保険」の補償内容は、通常次のようになっているはずですが、特約の内容が保険会社各社によって違う場合があるので、詳しくは約款等で確認するのがいいでしょう。

・死亡時   1500万円
・後遺傷害  50万円~1500万円(介護の必要が場合350万円が上限)
・入院    1日あたり6000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)
・通院    1日あたり4000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)

当然ながら、酒酔い運転や無免許、また故意の事故等では保険金は支払われません。

万が一自損事故を起こしたときは「自分で起こしてしまった事故だから・・・」とあきらめてしまわずに、必ず自動車保険の保険会社に報告を入れ、相談してみるべきでしょう。

人身傷害保険をつければ自動的に府担保となる

自損事故傷害というのは対人賠償に自動的に付帯される特約になっていることがほとんどで、契約者が不担保にするかどうかを選択するものではありません。

また、人身傷害補償をつけた場合、その補償内容が重なることから自損事故傷害については自動的に不担保になります。

自損事故保険の保険金額は1,500万円が上限(介護を要する後遺障害1級の場合は 2,000万)ですが、人身傷害補償の方は最低保険金額が3,000万円であり、自損事故に遭った場合には人身傷害補償の保険金額を上限に支払われます。

2011年の統計では人身傷害補償の方の加入率が80%近くになり、年々伸び続けているそうですから、いずれはこの自損事故保険の存在意義もなくなってしまうのかもしれません。

対人賠償保険対物賠償保険人身障害保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険過失割合車輌保険免責


このページの先頭へ