" 自動車保険 搭乗者障害保険

事故後の当座の支払いに備えられる搭乗者障害保険

搭乗者傷害保険は過失割合を問わない定額給付

対人賠償保険、対物賠償保険は、どちらも他人の損害の補償を行うものでしたが、搭乗者傷害保険はドライバー本人など被保険者側のケガなどをカバーする保険です。

搭乗者傷害保険は、基本的に事故の過失がどちら側にあるか、過失割合がどうなのかは問われません。

「搭乗者」傷害保険という名のとおり、契約車両に乗っていたドライバーや同乗者(搭乗者)のすべてが補償の対象になります。

「搭乗者」とは、「正規乗車装置または当該装置のある室内」に搭乗してる人に限られるので、たとえばトラックの荷台へ乗っている場合など本来の姿でない乗車の最中に起きた事故で死傷しても、その人の保険金は支払われないことになります。

具体的には、

・怪我を直接の要因として死亡した場合の死亡保険金
・怪我がもとで後遺障害が認められた場合の後遺障害保険金
・怪我の治療のために入院、通院した場合の医療保険金(日数払い)
・症状や傷害の部位に応じて定額で支払われる医療保険金特約(部位症状別払い)

などが、あらかじめ契約で定められた基準により支払われることになります。

搭乗者傷害保険は、実損額が補償される人身障害保険と違い、定額の一時金が支払われるタイプの保険です。

事故発生の要件が該当すれば、過失割合や他の保険からの給付、事故相手からの賠償金などに関わりなく、定められた保険金が他の賠償保険等よりも比較的スピーディーに支払われるのが通常です。

したがって、人身傷害保険の損害額が確定するまでの間の当座の医療費支払いなどにこの搭乗者障害保険で備えることができます。

「日数払い」と「部位、症状別払い」がある

搭乗者傷害保険の補償額は、「日数払い」か、「部位、症状別払い」かによって違います。

■日数払い

日数払いというのは、「入院1日○○○○円:通院1日○○○○円」のように入院・通院した日数によって保険金が決まっているタイプです

保険金額×入院・通院にかかった日数分の金額が支払われます。

怪我の状況(種類・重さ)に関係なく1日当たりの定額が支払われますので、部位、症状別払いに比べ補償が手厚くなリますが、その分保険料は高くなります。

多くの場合、保険金の支払い期間(例…事故発生の日から180日まで)が定められていますので、この期間を超えた場合の「入院費・通院費」は支払われません。

保険会社によっては、この「日数払い」を選ぶことができない場合もあります。

■部位、症状別払い

部位、症状別払いは、あらかじめ保険会社が怪我の状況に応じて設定した保険金が支払われるもので、契約時に「この怪我の場合は○○万円支払う」と詳細に定められることになります。

たとえばムチ打ちは5万円、腕の骨折は35万円、足の切断は100万円などと、あらかじめ部位ごとに決められた金額が支払われます。

部位症状別払いの場合、回復に要した日数などとは関係なく、部位ごとに決められた金額が支払われればそれで終わりの一時金です。

部位症状別払いの方が保険料が安くなりますが、大きなケガに備えるのであれば日数払いのほうが安心感があるでしょう。

注意点としては、たとえば事故発生の日から180日以内に、医師による治療・入院日数が5日以上の場合でないと保険金が支払われないというような条件がつくこともありまあすので確認が必要です。

また、複数箇所の怪我の場合は、もっとも保険金額が高い箇所のものしか支払われない場合が多いようですので、注意と確認が必要です。

対人賠償保険対物賠償保険人身障害保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険過失割合車輌保険免責


このページの先頭へ