" 自動車保険 人身傷害保険

自動車保険契約者の8割が付帯している人身傷害保険

自分や家族のケガなどを完全カバー

人身傷害補償保険は、事故当事者の双方に過失割合がある事故でも、過失の大小に関係なく、ケガによる治療費、休業補償などの損害が、契約限度額の範囲内ではありますが全額補償されるという保険です。

搭乗者傷害保険は定額タイプの保険ですが、この人身傷害保険は限度額内で実費全額を補償するというタイプの保険です

しかも過失割合を問わないのですから、契約者の過失分も含めて損害額の全額が示談前でも補償されます。

「人身傷害補償保険」は自動車保険の自由化後に登場し普及してきた比較的新しい保険で、現在では全保険会社で選ぶことができます。

人身障害補償保険は補償対象の範囲も幅広くなっており、契約加入者とその家族が契約自動車に搭乗中の事故のほか、他の車に搭乗中の事故、歩行中の事故でも対象になるのが通常です。

この人身傷害補償保険を付けておくことにより過失割合による減額や示談のトラブルを未然に回避できるという、精神的な面でのメリットが得られるのもありがたいです。

限度額は最低で3000万円、1000万円刻みで2億円まで増やすことができます。

2011年の統計によれば、自動車保険の契約者の8割近くの人がこの人身傷害保険に加入し、さらに増加傾向にあると言いますから、今や搭乗者傷害保険に代わって自動車保険に欠かせない補償となりつつあります。

人身傷害保険が支払われないケース

契約者の過失分もカバーできるため「完全補償型」保険などと言われる人身傷害保険ですが、特定のケースでは支払われないこともあります。

具体的には次のようなケースでは人身傷害保険が支払われません。

・戦争、内乱、暴動、地震、噴火、津波、放射能汚染など原子力による損害

・被保険者の故意またはきわめて重大な過失、無免許運転、酒酔い運転、麻薬等の薬物服用中の運転によって生じた損害

・被保険者が自動車の使用について正当な権利を有するものの承諾を得ないで自動車に搭乗中に生じた損害

・被保険者の闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって生じた事故

・ごく軽い傷害が要因で被った創傷伝染病

・競技、曲技等のために自動車に搭乗中に生じた損害等

いずれも極めて特殊な、「なるほど」と納得できるようなケースばかりです。

そもそも、通常の人であればこのようなケースでは保険請求を思いつかないでしょう。

対人賠償保険対物賠償保険人身障害保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険過失割合車輌保険免責


このページの先頭へ