" 自動車保険 対物賠償保険

対物賠償保険は最も多く使われる保険

他人の「物」へ損害を与えたことによる賠償金を補償

対人賠償保険と並んでこの対物賠償保険もやはり任意保険に欠かせない、柱となる補償です。

対物賠償保険は、交通事故で、相手の車、ガードレールや電柱などの構築物、住宅や商店などの建築物に破損、汚損、滅失などの損害を与えて賠償責任を負った場合に補償が行われる保険です。

保険金は、他人の「物」に損害を与えたことにより負担する賠償金について、1回の事故につき契約の保険金額を限度に支払われますが、修理費等の直接損害だけでなく事故の結果生じた休業損害、代車費用などの間接的な損害額も保険金の支払い対象となります。

また、損害防止軽減費用、権利保全行使費用、緊急措置費用、落下物片づけ費用、示談交渉費用、争訟費用が発生する場合には合わせて対物賠償保険で支払われます。

事故には車など物の損害がつきものであり、自賠責保険ではカバーされていないことから、いざという時の備えとしてして欠かせない補償です。

驚くような金額の損害賠償請求もあり得る

対物賠償保険の保険金額は最低200万円からになっています。

さすがに対物の限度額を最低額の200万円にしているケースはないでしょうが、相手の自動車の損害を想定し、高級車でもなければそれほど大きい損害額にならないと考え、限度額を2000万円とか3000万円とかにている方は結構多いのではないでしょうか。

対物の限度額は、1事故あたりの保険金の支払い限度額です。

ボディーの修理代ですむ程度の軽い事故であれば2000万円でも十分カバーできるでしょうが、例えば営業車や商店等に損害を与える事故となれば、必ず事故による休業損害が発生しますので、驚くような金額の損害請求になることもあり得ます。

複数の車両に損害が発生した場合、億単位の損害があり得る観光バスや建築物などの損害では、高額の損害賠償責任が発生することがあります。

損害額が限度額を超えると保険会社は、満額の保険金を支払うものの責任が持てないということから示談交渉は行いません。

示談交渉のための弁護士費用などをすべて自己負担で行わなければいけないという怖い話になってしまいます。

限度額を2000万円から無制限にするための保険料の差は1000円にもなりません。

各社おすすめのようにやはり対物賠償の限度額は「無制限」にしておくのが安心です。

自分や親族の物の損害は対象にならない

対人賠償保険の場合、契約者本人や家族等は「被保険者」であり「被保険者」の損害は補償の対象にならないのと同様、この対物賠償保険の場合も、契約者本人や親族の所有する物への損害には保険金は支払われないことになっていますので注意が必要です。

なぜならば、自分の財産に損害を与えた場合には損害賠償責任が発生しないからです。

たとえば、車庫から出すときに門柱を傷つけたなどといった時の門柱の損害に対しては保険金は出ないわけです。

対人賠償保険対物賠償保険人身障害保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険過失割合車輌保険免責


このページの先頭へ