代理店型自動車保険のメリットとは?

代理店サービスの質が違うのになぜ自動車保険は同じ価格なのか?

ダイレクト系(通販型)に比べて代理店型自動車保険が高くなる最大の要因は、支払い保険料の15%~20%になるという代理店手数料の存在です。

そして、代理店型のメリットは代理店から受けることのできる総合的なコンサルティングであるとされています。

つまり、代理店型は、通販型にはない「代理店の総合コンサルティング」というオプションが付いた自動車保険であり、そのオプションの対価が代理店手数料だということになります。

< 通販型自動車保険 > =<補償>+<事故対応サービス>
<代理店型自動車保険>=<補償>+<事故対応サービス><代理店の総合コンサルティング>

この「代理店の総合コンサルティング」が実態としてピンからキリまであることはこれまでも数多く言われてきましたし、代理店型を選ぶポイントは良質のプロ代理店を見つけることだという言い方もされてきました。

この段階から代理店型自動車保険は、代理店サービスの質が違うのになぜ価格(保険料)が違うのかという問題点をはらんでいたと言えるでしょう。

でも、代理店手数料が一律である間は、実態はどうあろうと建前としては「どの代理店で契約してもオプションの質は変わらないはず」という強引な理屈が立ち得ましたし、代理店のサービス改善に必要なファイナンスも一律の代理店手数料という形で平等に保障されていました。


保険会社自らが代理店の質の違いを認めてしまった

自動車保険 代理店

ところが現在では、損保会社による代理店の査定結果によって、この代理店手数料に大きな差がつけられるようになっています。

各社で違いはあるでしょうが、例えば基本額の50%から120%までというように大きな幅が設けられ、手数料の率が10%に満たない代理店もあれば20%を超える代理店もあるといった状態になっています。

これはどういうことかというと、「代理店の総合コンサルティング」という代理店型ならではのオプションに50%~120%ものグレードの違いがあると、販売を委託する保険会社自身が公認したことになります。

手数料率は非公開ですから公認とは言えないかもしれませんが、少なくともグレードの低い代理店がサービスを向上するためのファイナンスは保証されなくなり、「同率の手数料でサービスの質の確保に努めている」という建前論は通用しなくなりました。

提供サービスが違うのに値段が変わらない自動車保険

問題はここからです。

保険会社は、代理店によって手数料の差を設けた際、手数料率の低い代理店が販売する自動車保険を安くし、手数料率の高い代理店が販売する自動車保険を高くしたでしょうか。

ご存知のように、そのようなことはしていません。

総合コンサルティングというオプションのグレードが著しく低いとされた代理店でも、グレードが高いとされる代理店でも、保険料の算出に全く違いはありません。

車でいえば、<カーナビ>+<オーディオ>のグレードが高いメーカーオプション付きでも、<オーディオ>だけの低グレードオプションつきでも、新車価格が全く同じだというようなものです。

「値段が高いですがその分代理店のサポートを受けられるのがメリットです。ただし、質の低い代理店が多いので良いサポートをお望みなら質の良い代理店をご自分でお探しください。」代理店型の顧客はこう言われているようなものだと思います。


メリットが期待できるプロ代理店は全体の16%だけ

損害保険協会が発表した2011年度末の国内保険会社27社と外国保険会社14社の代理店数は、19万7,005店となっています。

このうち、本業の片手間に代理店もやっているという「副業代理店」は、
自動車販売店、自動車整備工場などの自動車関連業が約10万店で51%、
火災保険を扱う不動産業が約2万4千店で12%
と、2業種だけで6割以上になり、保険を専門にしている「専業代理店」は3万2千店程度と全体の16%程度にしかなりません。

つまり、「代理店のサポートがメリット」と言われても、その代理店の実態は84%もが保険についてはアマチュアの「副業代理店」だということになります。

副業代理店については「更新のときくらいしか連絡がない」「事故があって連絡しても保険会社に取り次ぐだけ」という代理店がほとんどで、「総合コンサルティング」などとは程遠い代理店がほとんどだと言っていいでしょう。

そもそも車販売や修理を専門にする人に保険のプロとしての対応を求めるのが無理なのです。

代理店によるサポートという代理店型ならではのメリットは、数ある代理店のうちたった16%のプロ代理店にしか期待できないというわけです。


プロ代理店に恵まれなければ代理店型のメリットは不可能

専業のプロ代理店だからといってすべて質の高い代理店だとは限りませんが、代理店のサポートというメリットをまじめに?求めるなら、顧客は良質なプロ代理店を探して契約するしか道はありません。

ビジネスの効率からプロ代理店はもともと都市部に偏在していると考えられますが、保険会社による小規模代理店の手数料カットにより地域の零細な代理店の廃業が多くなっていることから、プロ代理店の都市部への偏在化は一層進むことでしょう。

そうなると、代理店型のメリットというのは、都市部に住み、近いところにプロ代理店を見つけることのできる極限られた人の場合しか成り立たないことになってしまいます。

自動車ディーラーや修理工場くらいしか代理店が見つからない地域の人は、割高の保険料で代理店のサポートを求めようとしても不可能だということです。

逆に言えば、今そういう地域で代理店型自動車保険に加入している人は、割高な保険料に見合うメリットを期待できない、ただ高いだけの自動車保険に加入しているということになります。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら代理店型各社の比較が簡単にでき自分にあった自動車保険を簡単に見つけることができます。

代理店型のデメリットは専業のプロ代理店が少ないこと


ネットなどで「代理店探しが重要」というコメントをよく見かけます。

割高な保険料を払うのになぜ顧客のほうが代理店探しをするのかと疑問に思うかもしれません。

代理店型の保険料には15~20%といわれる代理店手数料が一律に加算されているので、本来は契約者の誰もがプロのアドバイスなど割り増し料金に見合うメリットが受けられる形になっているべきです。

通常の商品で、価格は誰でも同じだが品質は特定の購入者だけが高品質になるという商品はありえません。

でも現実には、専業代理店は業界の1割強に過ぎず、ほとんどの場合代理店型本来のメリットが受けられないことになっています。
プロ代理店のメリットを受けられない地域の契約者の保険料が割安になることもありません。

結果として、「いざというとき代理店型の方が安心」というのは、専業プロ代理店に恵まれた場合だけの話だということになります。

この代理店の質の落差の問題が代理店系任意保険のデメリットであることは間違いありません。

損保各社もこれまでの代理店の「粗製乱造」を反省し、代理店数を絞ったり再教育を行うなどの対策を行っているようですが、状況改善にはかなりの年月を要すると言われています。

専業のプロ代理店を見つけられるかどうかがポイント

「いざというとき代理店型の方が安心」という言い方には代理店が事故対応をやってくれるというニュアンスが含まれており、注意が必要です。

事故対応は保険会社本体が直接行うという点は代理店型も通販型も変わりありません。

事故発生時の代理店によるあっせん・仲介は法令違反になり、決して行われることはありません。
プロ代理店に恵まれたとしても、事故直後の初期対応などを代理店が行えるわけではありません。

代理店の方が現場に駆けつけることも無いわけではないでしょうが、駆けつけたとしても現場で出来ることはあくまでもアドバイス程度のことです。

ましてや自動車ディーラー、修理工場、ガソリンスタンドなど、副業のアマチュア代理店であれば、電話でのアドバイスさえ適切なものは期待できないことでしょう。

「代理店が色々やってくれるから事故のときも安心」というイメージがあるとしたら、それは誤った先入観です。

この点を理解したうえで、信頼できる専業代理店を地域で見つけることができるかどうかが、代理店型のメリットを受けられるかどうかのポイントです。

専業のプロ代理店は貴重な存在ですから、地域によっては代理店さがしが大変かもしれませんが、都市地域の方であればチャンスは多くなることでしょう。

■専業のプロ代理店は10店中1~2店だけ

最近、副業代理店である自動車ディーラーの自動車保険加入を勧誘するチラシを見かけたりします。
「任意保険はディーラー扱いの保険でなく、別途安いところと契約する」という顧客が増えているのでしょうか。

代理店型自動車保険の最大のデメリットは、代理店手数料に値する専業の「プロ代理店が代理店全体の1割強しかないということでしょう。

代理店の9割近くは、自動車販売店、修理工場など副業のアマチュア代理店であり、このことはあまり一般に知られていません。

ネット等で、保険に詳しい方などは「だから代理店探しが重要だ」と言いますが、プロ代理店など探しても身近に無い地域の人はどうすればいいのでしょうか。


そもそも、プロのアシスト料として一律に割高になっているのなら、なぜ顧客の方でプロ代理店を探さなけれならないのでしょうか?

また、同じ価格(保険料)なのに「A代理店で契約すればプロのアドバイスが受けられ、B代理店だと素人の担当しか居ない」というようなことになっているのが代理店型の実態です。


■代理店型最大手がとうとう通販型へ参入

自動車保険でトップシェアを誇る代理店型最大手の東京海上グループが、2009年6月イーデザイン損保でついに通販型自動車保険に参入しました。

外資系を中心とする通販自動車保険が登場した頃の東京海上は、「通販なんて歯牙にもかけない」といった態度でしたが、その後の通販型のシェアの伸びを見て「このままではまずい」ということになったのでしょうか。

このことが通販型と代理店型の違いを象徴しているように思えます。

このページの先頭へ