" 通販型の自動車保険

保険料が安くなるのが通販型の最大のメリット

代理店型との相場の差は歴然

通販型自動車保険は、代理店型で保険料にオンされる中間経費がすっぱり省略されているため、保険料が格安になるのが最大の特色です。

最大12社の見積もり比較サイトを利用して保険料の相場(各社の平均)を代理店型と比べてみました。

ホンダ NBOX の例

<見積もり条件>
対人:無制限 対物:無制限 人身傷害:3,000万円 搭乗者傷害:なし 車両保険:なし
年齢条件:35歳以上 運転者:本人限定 用途:日常・レジャー 等級:12等級 免許の色:ブルー免許 年間走行距離:8,000km

保 険 会 社
年 間 保 険 料
三井ダイレクト
16,840円
アクサダイレクト
17,020円
SBI損保
17,760円
○○○○○ホーム
26,190円
ソニー損保
26,990円
平均(相場)
20,960円

このケースでは通販型5社の見積もりを得ることができました。

5社の平均は20,960円であり、このケースでの通販型の相場は大体21,000円程度になることがわかります。

全く同じ条件で代理店型各社(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上)を見積もった結果の平均は30,907円になりました。

軽自動車でも通販型の方が1万円も安くなることがわかります。


ホンダ・フィット の例

<見積もり条件>
対人:無制限 対物:無制限 人身傷害:3,000万円 搭乗者傷害::1,000万円 車両保険:なし
年齢条件:26歳以上 運転者:本人限定 用途:日常・レジャー 等級:11等級 免許の色:ブルー免許 年間走行距離:2,000km 付属装置:ABS・エアバッグ・低公害車

保 険 会 社
年 間 保 険 料
SBI損保 26,600円
アクサダイレクト 26,850円
チューリッヒ 32,340円
ソニー損保 32,560円
平均(相場) 29,588円

このケースで見積もりを得ることのできた通販型は4社(SBI損保、アクサダイレクト、チューリッヒ、ソニー損保)になりました。

4社の平均は29,588円となり、同条件で見積もった代理店型の相場(平均 49,100円)に比べて19,512円安くなりました。

コンパクトなフィットの場合でも2万円近くの相場の違いがあることがわかります。

車両価格の高い車になれば、この差がもっと大きくなることが予測できます。


中間コストを省いて格安の保険料を実現

自動車保険の通販型

通販型の自動車保険は、代理店の経費や支店経費などの中間コストを省略し、インターネットなどで直接に契約できるスタイルの保険です。

上記のように、中間コストを省くことによって代理店型に比べて格安の保険料を実現しており、この保険料の安さが通販型の最大のメリットです。

代理店型から通販型に切り替えることによって、同じ補償内容にもかかわらず保険料が半額程度になることも珍しくありません。

安い自動車保険を求めるのであれば、通販型各社の中から自分にあったところを選べばいいでしょう。


充実した通販型のロードサービス

通販型の最大のメリットは保険料が安いことですが、そのほかに365日対応の初期対応サービス、充実したロードサービスなど代理店型がかなわないメリットもあります。

中でもロードサービスは中間コストの不要な通販型ならではのサービスであり、その充実ぶりは保険料の15~20%が代理店のマージンになってしまう代理店型がかなうものではありません。

ガス欠時のガソリン補給、バッテリーあがり対応などはもちろんのこと、レッカーサービス、ホテル・帰宅交通費、レンタカー費用などJAFがまったく不要になるほどの無料ロードサービスを提供する通販各社は少なくありません。

事故時の無料サービスも含めて「事故対応」を代理店型各社と比べれば、明らかに通販型各社の方が充実しています。

ロードサービスはいざという時にありがたいサービスであり、契約者の保険料が契約者本位の形で還元されています。


「いざという時には代理店型の方が安心」は本当なのか?

代理店の担当者が事故対応を行うと誤解されている場合があるようですが、「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型も通販型も全く同じです。

代理店が事故のときなどのあっせんや仲介を行えば法令違反ととなってしまい、したくてもできません。

一方、通販型には代理店型がかなわない事故対応サービスがあります。

受付時間帯の違いはありますが、通販型全社が365日対応の「初期対応」を行っています。
(※初期対応…事故直後の状況聞き取り、助言、警察や相手方への連絡、病院・修理工場の手配等)

365日対応の代理店というのは無いと思いますが、この初期対応は通販型の事故対応への現実的なスタンスの表れといっていいでしょう。

もちろん、いわゆる「事故受付」は通販型各社とも365日24時間対応になっています。

通販型のメリットは、事故受付、初期対応などの事故対応サービスが、代理店のレベルに関係なく均一的に受けられるしくみになっていることでしょう。

自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら、自分の加入条件で最も安い通販型自動車保険を簡単に知ることができます。

通販型の事故対応は代理店型に負けない

「事故の時は代理店型のほうが安心」という言い方には、代理店が事故対応を行なうようなニュアンスがあります。

現実には代理店による事故時のあっせん・仲介は法令違反にあたり行われることはありません。

事故のときの代理店型のメリットはプロのアドバイスが受けられるという点です。

問題は、専業のプロ代理店が業界全体の15%程度しか居ないということです。

専業のプロ代理店が身近に見つけられる加入者はまだいいのかもしれません。

しかし、専業代理店が身近に無い地域の人たちは代理店型のメリットを受けられないことになります。

代理店手数料は保険料の15~20%に相当しますが、プロ代理店に恵まれない加入者はこの割り増し料金の見返りが受けられないことになってしまいます。

代理店の質の違いによってサービスのレベルが違ってしまう保険商品を一律の価格で販売しているという形になっているのが代理店型自動車保険の現状です。


このページの先頭へ