" 自動車保険のタイプによって相場が違う

タイプの違う自動車保険がある

自動車保険のタイプ

自動車保険は、販売形態の違い、根拠法律の違いによって、代理店型、通販型(ダイレクト系)、共済の三つのタイプに分けることができます。

タイプが違えば保険料の相場が違い、契約方法や付帯サービスの内容にもに違いがあります。

「代理店型」は、代理店担当者と対面で説明を受けながら契約を行うタイプの自動車保険で、保険料は高くなりますが顔が見えるという安心感があります。

「通販型(ダイレクト系)」は、代理店を置かずインターネットなどの利用によって契約を行うタイプの自動車保険で、中間コストが省かれているため保険料が格安なのが特徴です。

「共済」は、厳密にいえば「保険」ではなく営利を目的としない協同組合が行う共済事業であり、安価で確かな補償が得られるのが特徴になっています。

3タイプの自動車保険は、販売形態、運営主体などの違いから同じ条件でも保険料の相場が違い、中でも代理店型と通販型の相場の違いは初めて目にする人なら驚いてしまうほどです。

各タイプの自動車保険の特色、メリット・デメリット、注意点などを次の6項目によって整理してみました。

代理店型

代理店型自動車保険の特色やメリット・デメリットなどを整理して解説してみました。

通販型(ダイレクト系)

通販型自動車保険の特色、メリット・デメリット、保険料が安くなる理由などをまとめています。

共済(全労災、JA共済)

共済(全労災、JA共済)の運営主体や特色、加入方法、メリットなどを具体的に解説してみました。

安い=不安は本当か

通販型についてネット等で言われている「安い保険はいざという時不安」というのは果たして本当なのかをできるだけけ検証してみました。

通販型の注意点

自分にマッチする通販型自動車保険の探し方、加入時の注意点やロードサービスの対象に関する注意点などをまとめてみました。

代理店型の注意点

従来タイプである代理店型自動車保険の問題点を掘り下げて、できるだけわかり易く解説してみました。


このページの先頭へ