" 通販型自動車保険の事故対応は評価が高い

事故対応は通販型の方が満足度が高い

「いざというとき代理店型の方が安心」は根拠のない噂?

代理店型の事故対応に関する誤解を改めるためにまずは基本的なことを確認する必要があります。

代理店による事故の時の交渉ごと(あっせんや仲介など)は法律違反になることをご存知でしょうか。

代理店はいわゆる「事故対応」を行いたくても法令上不可能であり、できるのはアドバイスくらいのものです。

自動車保険の事故対応

現場に来てくれるという誤解もあるようですが、こちらのサイトをみればわかるように、現実には代理店の方が現場に駆けつけることはほとんどありません。

数少ない(業界全体の1割強)専業のプロ代理店でさえこうなのですから、ほとんどの契約者がお世話になっている車販売店などの兼業代理店(アマチュア代理店)ならなおさらです。

仮に駆けつけたとしても車販売のプロでは保険の専門家として的確なアドバイスをすることは難しいでしょう。

事故の時に現場に来てくれるのが代理店型のメリットだというコメントをネットなどで見かけますが、これは根拠のない話であり、誤解を生むだけではないでしょうか。

事故直後はほとんどが警察や当事者間でのやりとりとなり、まずは警察の指示で行動することが多いことから、仮に保険会社本社の事故担当者が駆けつけてたとしても、その場で対応できることはほとんどないのが実態です。


「初期対応」がどうなっているかがポイント

事故対応は保険会社が直接行うという点は通販型も代理店型も全く同じです。

事故の円満な解決のために重要なのは、最も不安を感じる事故発生直後に適切な指示や対応をどれだけしてもらえるかということです。

事故に遭った契約者は、まずは365日24時間対応の「事故受付」に連絡を入れることになりますが、事故を受け付けた後の初期対応で各社の違いが出てきます。

中でも、土日、祝祭日など休日の初期対応がどうなのか、つまり

・休日には事故受付だけで初期対応は行わないのか
・休日にも受付時間を決めて初期対応を行うのか

の違いが保険会社の事故対応の違いを見るポイントになります。

(※初期対応…相手への連絡、病院・修理工場への連絡、レッカー等ロードサービスの手配など)

例えば土曜日の夕方に事故を起こした場合は、保険会社の事故対応の違いにより次のような取扱の違いが出てきます。

 休日の対応    土曜日    日曜日    月曜日

休日は
事故受付だけ
の保険会社

18:00事故発生

事故を受付
必要なロードサービス
 を手配







担当者と連絡が取れる
相手方への初回連絡

休日も
初期対応を行う
保険会社
18:00事故発生

事故を受付
レッカーなど
 ロードサービスを手配
相手方への連絡など
 の初期対応

(※このケース(18:00事故発生)の場合、休日の当日対応受付が17:00までの保険会社は「事故受付だけの保険会社」と同様月曜日からの初期対応開始になります。)


この「初期対応」を休日でもやってくれるのか、当日対応の受付は何時から何時までなのかが、その会社が事故対応にどれだけ力を入れているのかを見るバロメーターになります。


通販型は全社が休日の初期対応を実施

休日の初期対応が事故対応の充実ぶりを見る1つのポイントであることは分かりましたが、さて、通販型はこの点がどうなっているでしょうか。

対応時間の違いはあるものの、通販型各社は下記のように全社漏れなく休日でも初期対応を行っています。

代理店型各社の中には休日は事故受付だけのところもあることを考えれば、全体として通販型の方が安心度が高いと言えるでしょう。


<通販型>初期対応の受付時間の状況(2013年1月現在)

保険会社 平日の当日対応の受付時間 休日の当日対応の受付時間
ソニー損保 0:00~20:00 0:00~20:00
三井ダイレクト 9:00~19:00 9:00~19:00
アクサダイレクト 9:00~17:00 9:00~17:00
アメリ○○ホーム 9:00~22:00 9:00~22:00
そんぽ24 9:00~19:00 9:00~17:00
SBI損保 9:00~21:00 9:00~21:00
イーデザイン損保 9:00~21:00 9:00~21:00
チューリッヒ 0:00~20:00 0:00~20:00
おとなの自動車保険 公式サイトでは非公開 公式サイトでは非公開


むしろ通販型の方が満足度が高い

実際に事故に遭い自動車保険を使った人たちの評価はどうなっているでしょうか。

一括見積もりのインズウェブが、2010年から始めたユーザーへのアンケート調査の2011年度版では、満足度上位の5社のうち、通販型が4社を占めています。

■自動車保険の事故対応評価アンケート2011年度版

   <1位>三井ダイレクト
   <2位>ソニー損保
   <3位>チューリッヒ
   <4位>東京海上日動
   <5位>イーデザイン損保
    ※東京海上日動以外はすべて通販型

同じく一括見積もりの保険スクエアbang!も過去5年以内に事故を経験した方へのアンケート調査を行っており、やはり通販型が上位を占めています。

■事故対応満足度ランキング(調査期間 2011年10月1日~2012年9月30日)

   <1位>イーデザイン損保
   <2位>三井ダイレクト損保
   <3位>○○○○○ホーム保険
   <4位>SBI損保
   <5位>ソニー損保
    ※上位5社がすべて通販型


また、独立した中立的な調査で定評のあるJ.D.パワーアジア・パシフィック(※)が毎年公表している自動車保険の総合満足度ランキングでも、2004年の調査開始以来通販型が上位を占めています。

この調査は「事故対応」も満足度の大きいファクターになっており、通販型の事故対応は代理店型に引けをとるものではないことを示しています。

■J.D.パワーアジア・パシフィック 日本自動車保険顧客満足度調査(2011年)

   <1位>チューリッヒ   629ポイント(1,000ポイント満点)
   <2位>AIU      625ポイント
   <3位>ソニー損保    622ポイント
   <4位>イーデザイン損保 615ポイント
   <5位>三井ダイレクト  615ポイント
    ※AIU以外はすべて通販型

代理店を通しているかどうか、保険料が高いか安いかは、いざという時の自動車保険の満足度とはあまり関係がないということが分かります。

(※J.D.パワーアジア・パシフィック・・・顧客満足や製品品質、消費者行動等について、対象企業からの依頼によらず独立した中立的立場による調査を行っている調査会社。)


自動車保険 相場【無料】一括見積もりを利用すれば、自分の条件で一番安くなる自動車保険を一度の入力で見つけることができます。

「事故受付」と「事故対応」の違い

事故受付と事故対応とを混同しないようにしましょう。

「24時間365日対応の事故受付」というのは、
受付スタッフによる事故の受付が24時間365日態勢で行われる
ということであって、事故対応の一環である「初期対応」が24時間365日行われるということではありません。

仮にあなたが加入している保険会社が「24時間365日なのは『受付』だけ」だとしたら、保険会社に連絡しても「私は受付スタッフなので月曜日まで対応できません」などということになります。

ですから事故の受付でなく、事故対応担当による実際の事故対応がどういう態勢で着手されることになっているか、言い換えれば「初期対応」の受付がどうなっているのかが大切になります。

相手方や病院・修理工場などに電話をして治療費の手配や代車の手配をする「初期対応」を、休日でもやってくれるのか、何時から何時まで受け付けてくれるのかが、その保険会社が事故対応にどれだけ力を入れているかのバロメーターになります。


このページの先頭へ