" 車両保険の追加を機会に見直し・切り替え

大幅な保険料増なしに車両保険を追加したい

車両保険のありがたさがわかるとき

自動車保険の車両保険

だいぶ前の話になりますが、うっかりキーを付けたまま離れた隙に車を盗まれたことがありました。

ラジオ番組で呼びかけてもらったお陰でしょうか、幸いたいした傷みもなく市内の駐車場で発見され事なきを得ましたが、この時は車両保険の必要性を痛感しました。

盗難は極端な例だとしても、次のような事情に該当する場合場合は、保険料が高くなりますが車両保険へ加入しておいた方が得策だということになります。

■高額な新車を購入した場合

高価な車を新車で購入する場合は、事故での損害額も大きくなりますし車への愛着もあるでしょうから車両保険を検討した方がいいでしょう。

車両保険のタイプの選択や免責金額の設定は予算との兼ね合いで決めることになります。

■ローンで車を購入した場合

新車でも中古車でもローンで車を購入する場合は車両保険に加入するべきでしょう。

万が一、事故で車が全損(廃車)になれば、車がなくなってローンの支払いだけが残るということになります。

車両保険に入っていれば、最悪でもローン残金は車両保険で清算することができます。

全損までは行かない場合でも、修理費のため再度ローンを組むことが不可能なことを考えれば、やはり車両保険に加入しておいた方が身のためでしょう。

■仕事や通勤で車が欠かせない場合

車が使えなくなると直ちに仕事や通勤などに支障が出るという場合、車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。

車両保険と同時に「代車特約」を付けておけば、万一の事故で車が使えなくなっても安心です。


車両保険は付けたいが保険料は抑えたい

上記の例に該当し車両保険を付けたくても、問題は保険料が大幅に高くなってしまうことです。

車両保険の必要性はわかってもどうしてもこの保険料負担の増加がブレーキになりがちです。

そのような時にこそ、思い切って保険会社の切り替えを考えてはどうでしょうか。

自動車の車両保険

代理店型から格安の通販型への切り替えなら、車両保険を付けても保険料の増加は驚くほど少なくてすむことになるでしょう。

すでに通販型へ切り返していたとしても、車両保険追加による保険料のアップ額は代理店型よりはるかに小さくなるはずです。

車両保険は付けたいが保険料は抑えたいというのであれば、まずはこういう観点から【無料】一括見積もりによって各社の車両保険付の保険料を比べてみましょう。

きっといい方法が見つかるはずです。


エコノミータイプと免責金額で車両保険をさらに安くする

車両保険には、「一般」タイプのほかに比較的安い保険料で付けられる「エコノミー+限定A」というタイプのものがあります。

一般タイプ

補償の範囲が最も広く、「自損事故、他車との事故、当て逃げ、転落・転倒、盗難、台風・洪水、火災・爆発、落書き、いたずら」のすべてが対象となります。

エコノミー+限定A

一般タイプの補償範囲から、「自損事故、当て逃げ、転落・転倒」が除かれたタイプです。
補償範囲が狭くなるのでその分保険料は一般車両保険よりも安くなります。
盗難、自然災害、いたずらも補償対象になりますのでリーズナブルな選択になります。

保険会社を切り替えて、このエコノミータイプを選び、免責金額も5万円に設定すれば、さらに車両保険の保険料を低く抑えることができます。
(※免責5万円・・・事故による損害のうち5万円までは自己負担となる。)

実際に一般タイプとエコノミータイプとの保険料の違いはどうなるのかを見積もり比較で確認してみました。


■「一般タイプ」と「エコノミー+限定A」との保険料の比較
 (スズキ スイフト 保険金額:125万円 免責:5万円)

保 険 会 社
車両保険
車輌保険有
一般
車輌保険有
エコノミー
一般タイプの
保険料
エコノミーの
保険料
一般とエコノ
ミーの差額
アクサダイレクト
23,110円
46,610円
34,790円
23,500円
11,680円
11,820円
○○○○○ホーム
31,060円
62,080円
47,940円
31,020円
16,880円
14,140円
損保ジャパン
35,370円
73,770円
53,360円
38,400円
17,990円
20,410円
三井住友海上
39,320円
80,200円
58,040円
40,880円
18,720円
22,160円

<見積もり条件>
スズキ スイフト 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険の保険金額:125万円 免責:5万円


この比較からわかるように、「エコノミー+限定A」を選ぶことによって「一般タイプ」の半額程度、あるいは半額以下で車輌保険をつけることができます。

またこの比較から、代理店型(損保ジャパン、三井住友海上)から通販型(アクサダイレクト、○○○○○ホーム)に保険会社を切り替えれば、車両保険を追加して付けても保険料を安くすることができることもわかります。

自爆事故、当て逃げ事故はあきらめると割り切れば、このような格安の保険料で車両保険を付けられるのですから、この「エコノミー+限定A」はおすすめの車両保険です。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりを利用すれば、車両保険を付けた場合の一番安い自動車保険が簡単に見つかります。

車両保険をもっと詳しく

車両保険は、事故などで自分の車が損害を受けた場合に補償が行われる保険です。

交通事故に限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けた場合も補償が行われます。

もちろん装備品も補償対象となります。

自動車保険、つまり任意保険の中で契約者の所有する車への補償が行われるのはこの車両保険だけです。

■車両保険の3タイプ

車両保険には、補償範囲の違いにより3つのタイプがあります。

一般タイプ

もっとも補償の範囲が広いタイプで、「自損事故、他車との事故、当て逃げ、転落・転倒、盗難、台風・洪水、火災・爆発、落書き、いたずら」のすべての場合において補償対象となります。

エコノミー+限定A

一般タイプの補償範囲から、「自損事故、当て逃げ、転落・転倒」の場合の補償をはずして保険料を安くしたエコノミーなタイプの車両保険です。

自爆事故や当て逃げの場合は仕方がないという場合や、一般タイプでは保険料負担がが大変だが、かといって③のエコノミーでは補償範囲が狭すぎて心配だという場合などに適したタイプです。

エコノミー

「他車との事故」だけに補償範囲を限定したタイプです。

相手が車であり(二輪・原付を含む)かつ事故の相手が特定できる場合だけに保険金が支払われます。

保険料は3タイプの中で一番安くなりますが、補償範囲はもっとも狭くなります。

■免責金額で保険料が違う

「免責金額」というのは、事故等の損害額のうち契約者が自分で負担する金額のことです。

例えば免責金額が5万円の契約であれば、5万円までの損害は自己負担ということになります。

免責金額が違えば同タイプの車両保険であっても保険料が違ってきます。

保険料が割高な一般タイプの車両保険では、免責金額を0円から5万円にするだけで1万円以上の保険料の違いがでる場合もあります。

契約者の条件や考え方によっては、補償範囲の広い一般タイプを選び、免責金額を10万円にして保険料を抑えるという選択もあり得ます。


このページの先頭へ