" 自動車保険の等級ダウンを切り替えでカバー

3等級のダウンを自動車保険切り替えでカバーする

自動車保険の等級とは

自動車保険では、等級(正式名称『ノンフリート等級』)という、保険料に大きく影響する仕組みが採用されています。

ドライバーの自動車保険加入歴と事故回数により計数化され、等級が上がるほど自動車保険の保険料の割引率が大きくなるという仕組みになっています。

無事故を続ける優良なドライバーの保険料割引を大きくし、事故を頻繁に起こすようなドライバーの保険料を割り増しすることによって、不公平感を解消しているということになります。

この等級制度は自動車保険各社の共通の取扱いになっています。

保険会社の切り替えを行っても各社共通のデータバンクのデータにより、等級は各保険会社の間で引き継がれます。

初めて自動車保険に加入する場合は6等級からスタートし、無事故を1年間続ける毎に等級が1等級つづつ上がり、保険料の割引率が大きくなります。

最高は20等級で、20等級に達すれば保険料が63パーセントの割引になるので、安全運転を心がけ無事故を継続することが何よりの節約になるということになります。

自動車保険の等級

問題は、事故を起こしてしまうと次回の契約で1事故につき3等級ずつ等級が下がってしまうことです。

この3等級のダウンによって、翌年度の保険料が大幅に高くなってしまいます。

この等級制度こそが自動車保険の保険システムとしての性格を最もよく表しているかもしれません。


見直し・切り替えで等級ダウンをカバー

等級ダウンによる保険料アップを少しでもカバーしたいというのは、当人にとっては「見直しの機会」どころか切実な取り組みになるでしょう。

事故翌年からの保険料の大幅アップを少しでも緩和したいと思っても、通常の見直しではたいした効果を期待できないかも知れません。

しかし、現在加入の自動車保険が代理店型であれば、チャンスがないわけではありません。

実際、事故後の高い保険料に苦しんでいた身近な友人が、思い切って通販型に切り替えることによって保険料を半額近くにまで安くできた実例もあります。
(※東京海上日動からSBI損保へ切り替え)

この例の場合は、それまで付けていなかった無保険者との事故の場合の補償を追加してもほぼ半額近くにできました。


通販型への切替えによる影響額のカバーを試算してみる

では、代理店型から通販型への切り替えによりどの程度等級ダウンによる保険料負担の増加をカバーできるのでしょうか。

当サイトで行った見積もり比較では、代理店型から通販型に切り替えることで、控えめに見ても保険料をほぼ7割程度にすることができます。
(※平均どうしの比較で約7割ですから一番安い所を選べばもっと大幅な節約が可能になります。)

通販型に切り替えることによって3等級ダウンの影響をどれだけカバーできるのか、この「7割の保険料ダウン」をモデルとしてシミュレーションしてみました。

等級ダウンの影響額は、ダウン前の保険料を50,000円と仮定した当サイト試算の影響額を用いてみました。

■代理店型から通販型への切り替えによる等級ダウン影響額のカバー

   事故がない場合
の保険料
等級ダウン後
の保険料

 影響額 
切替え後の保険料
(×0.7)

切替後の影響額
事故後1年目 48,958円 73,958円 25,000円 51,771円 2,813円
事故後2年目 47,916円 71,875円 23,959円 50,313円 2,397円
事故後3年目 46,875円 69,791円 22,916円 48,854円 1,979円
事故後4年目 38,541円 50,000円 11,459円 35,000円 ▲3,541円
事故後5年目 38,541円 48,958円 10,417円 34,271円 ▲4,270円
事故後6年目 38,541円 47,916円 9,375円 33,541円 ▲5,000円
事故後7年目 38,541円 46,875円 8,334円 32,813円 ▲5,728円
事故後8年目 38,541円 38,541円 0円 26,979円 ▲11,562円
 合 計 - - 111,460円 - ▲22,912円

試算結果は意外でした。切り替えによる保険料ダウンを控えめの70%で試算しても8年間トータルで22,912円のお釣りが来るという結果になりました。

代理店型から通販型への切り替えで保険料が半額近くになるという例も珍しくなく、実際には通販型への切り替えがもっとめざましい効果をもたらすことが推測できます。

代理店型加入の方が等級ダウンに見舞われた場合は、通販型への切り替えが必須の選択になるのではないでしょうか。


一括見積もりが強力な助っ人になる

現在の自動車保険が代理店型の場合はもちろん、すでに通販型に切り替えている場合でも、保険料低減のために【無料)一括見積もりは強力な助っ人になります。

この一括見積もりで一番保険料が安いところへ保険会社を切り替えれば、上記の試算のように等級ダウンによる保険料の負担増を解消・軽減することができます。

今すでに通販型であったとしても、より安い通販型への切り替えの道筋を付けることができます。

等級ダウンをきっかけにこのような自動車保険切り替えに成功すれば、事故は大変だがまんざら悪いことばかりでもないと思えるのかもしれません。

等級ダウンによる保険料の大幅アップを何とかしたいとお思いなら、ぜひ一度【無料】一括見積もりを試してみることをおすすめします。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりを利用すれば、今の加入条件でどの自動車保険が一番安い保険料になるのかを簡単に知ることができます。


このページの先頭へ