" こんな時が自動車保険の見直しのチャンス

惰性で更新を続けることが保険料の払い過ぎにつながる

自動車保険見直し

自動車保険は生命保険などと違い保険期間は1年が基本です。

新車、あるいは中古車を購入したときディーラーの営業マンにいわれるがままに加入した自動車保険を、長い間惰性で更新を続けていると、保険料の払い過ぎの原因の意なってしまいます。

仕事で忙しい方などの場合は毎年見直すこともないでしょうが、少なくとも家族構成の変化や免許証の色の変更などがあった年は、自動車保険の満期の前に時間をとって今の契約内容を節約の観点から見直したいものです。

人生の中には自動車保険を見直したり、保険会社を切り替えたりした方が良い節目のタイミングがあるものです。

自動車保険のチェックや見直しが欠かせないいくつかのケースをとりあげて、見直しのポイントなどを考えて見ます。


●「こんな時が自動車保険の見直しのチャンス」で取り上げる内容

自動車保険の更新時

更新の通知が来た時が年齢条件や家族構成など加入条件のチェックする良い機会になります。一括見積もりで各社保険料もチェックできれば完璧でしょう。

自動車が2台になる

車が2台になる場合はセカンドカー割引が適用になるのかどうかをチェックしてみるべきでしょう。チェック、見直しのポイントを紹介します。

家族構成が変わる

転勤、入学などで家族の構成が変わったときは、自動車保険も要注意です。年齢条件や運転者の限定などのチェックのポイントなどについて整理してみました。

原付バイクを購入する

自動車保険には単独のバイク保険よりお得になる原付バイク専用の特約があります。家族が原付に乗るようになったときの原付特約の追加に付いて解説します。

事故で等級が下がる

事故で保険金の支払いを受ければ時期契約から等級が3ランク低下し、大幅な保険料の増額になってしまいます。等級ダウンを少しでもカバーするための保険会社切り替えについて考えてみました。

車両保険を追加する

中古車から新車への買い替えや車のグレードアップなどがあれば車両保険の付帯について思案することになるでしょう。保険料の車両追加のときも自動車保険見直しのいい機会になります。



このページの先頭へ