" 軽自動車の車両保険

軽自動車と相性のいい車両保険は?

車両保険を検討した方がいい場合

車両保険は保険料を大幅に押し上げることになるため、軽自動車に限らず付けるべきかどうか悩ましいものです。

特に軽自動車の場合は車両価格が通常普通車に比べて安いので、「軽だから車両保険まではいいや」と見送られてしまうことが多いかもしれません。

でも軽自動車と言えども次のような場合には保険料を抑える工夫をしながら車両保険の付帯を検討した方がいいでしょう。

軽自動車 車両保険

■ローンで軽自動車を購入した場合

新車でも中古車でもローンで軽自動車を購入している場合は車両保険に加入した方が安心でしょう。

万が一事故で車が全損(廃車)になれば、車がなくなってローンの支払いだけが残ることになります。

車両保険があれば最悪でもローン残金は車両保険で清算できます。

全損までは行かない場合でも、修理費のため再度のローンが不可能なことを考えればやはり車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。

■高額な新車を購入した場合

車種によって普通小型より高額な軽自動車もあります。

高額な軽自動車は事故での損害額も大きくなりますし車への愛着もあるでしょうから車両保険を検討した方がいいかもしれません。

■仕事や通勤で軽自動車が欠かせない場合

軽自動車が使えなくなると直ちに仕事や通勤などに支障が出る場合は車両保険に加入しておくべきでしょう。

車両保険と同時に「代車特約」を付けておけば、万一の事故で自動車が使えなくなっても安心です。


車両保険には三つのタイプがある

車両保険は、事故などで自分の車が損害を受けた場合に補償される保険です。

交通事故に限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けた時も補償され、装備品も補償の対象となります。

車両保険には、補償範囲の違いにより3つのタイプがあります。

一般タイプ

もっとも補償の範囲が広いタイプで、「自損事故、他車との事故、当て逃げ、転落・転倒、盗難、台風・洪水、火災・爆発、落書き、いたずら」のすべてが対象となります。

エコノミータイプ

「他車との事故」だけに補償範囲を限定したタイプです。
相手が車であり(二輪・原付を含む)かつ事故の相手が特定できる場合のみ保険金支払いの対象となります。
保険料は3種類の中で一番安くなりますが、補償範囲はもっとも狭くなります。

エコノミー+限定A

一般車両保険から、「自損事故、当て逃げ、転落・転倒」が除かれたタイプです。
補償範囲が狭くなるのでその分保険料は一般車両保険よりも安くなります。
自爆事故や当て逃げの場合はあきらめるという場合、一般車両保険は支払いが厳しいがエコノミーでは補償範囲が心配だという場合などに適しています。


免責金額で保険料が違う

車両保険の免責金額というのは、事故などの損害額のうち契約者が自分で負担する金額のことです。

免責金額が10万円であれば、事故などで50万円の損害が出て修理する場合、10万円までは自己負担となります。

免責金額が違えば同タイプの車両保険であっても保険料が違ってきます。


車両保険で保険料はどのくらい高くなるのか?

軽自動車の場合、車両保険はどのくらいの保険料で付けられるのでしょうか。

保険料の安い通販型5社の場合で見積もりをして見ました。

<見積もり条件>
車種:ホンダ NBOX 年齢条件:35歳以上 運転者:本人限定 用途:日常・レジャー 等級:12等級 免許の色:ブルー免許 年間走行距離:8,000km

<車両保険以外の補償内容>
対人:無制限 対物:無制限 人身傷害:3,000万円 搭乗者傷害:なし


■一般タイプの車両保険の場合

<条件> 限度額:125万円 免責:1回目5万円、2回目以降10万円(おとなの自動車保険は5万円)

保 険 会 社
車両保険無しの保険料
車両保険付帯の保険料
保険料差額
三井ダイレクト
16,840円
34,700円  
17,860円
アクサダイレクト
17,020円
33,420円
16,400円
SBI損保
17,760円
36,150円
18,390円
おとなの自動車保険
24,910円
39,810円
14,900円
ソニー損保
26,990円
51,010円
24,020円

ソニー損保は突出していますが、その他の保険会社では約15,000円から18,000円の保険料追加で一般タイプの車両保険を付けられることがわかります。

一般タイプは安心度が大きいですが、免責を設定してもやはり保険料は安くありません。

格安保険料の上位3社(三井ダイレクト、アクサダイレクト、SBI損保)の場合は車両保険付きで保険料がほぼ2倍になるというイメージです。


■エコノミータイプの車両保険の場合

<条件> 限度額:125万円 免責:1回目5万円、2回目以降10万円(おとなの自動車保険は5万円)

保 険 会 社
車両保険無しの保険料
車両保険付帯の保険料
保険料差額
三井ダイレクト
16,840円
26,410円  
9,570円
アクサダイレクト
17,020円
26,070円
9,050円
SBI損保
17,760円
28,050円
10,290円
おとなの自動車保険
24,910円
33,260円
8,350円
ソニー損保
26,990円
40,430円
13,440円

車両保険をエコノミータイプにするとグッと保険料が安くなります。

ソニー損保を除けば、ほぼ1万円前後の保険料追加で車両保険が付けられることがわかります。

この程度の金額なら維持費が安いと言う軽自動車のメリットを損なわずに車両保険を付帯できるのかもしれません。

エコノミーが売りの軽自動車には車両保険もエコノミータイプが似合うというわけです。

車両保険の付帯は、予算の事情や考え方によって人様々でしょうからお勧めをするわけではありませんが、参考にしていただければいいと思います。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら、軽自動車に車両保険をつけた格安の任意保険を簡単に見つけることができます。

一括見積もりのサービスは数多くありますが、初めての場合は利用者が多く定評のあるところがおススメです。実績が抜群な次の2サービスなら安心して利用することができます。

業界最多の最大21社、上場企業が運営する安心の無料サービス。既に300万人が利用。
詳細はこちら ズバット自動車保険比較

利用者600万人突破、最大20社へ最短5分で見積りを依頼。今最も利用されています。
詳細はこちら 自動車保険一括見積もり

こちら初加入の場合は車の型式・登録年月だけでOK ← ディーラーやカタログ等で確認できます。


このページの先頭へ