" 軽自動車 保険会社による任意保険料の違い

保険会社による任意保険料の違いに驚く!

保険会社による軽自動車の任意保険量の違いいはどのくらいになるのでしょうか。

保険期間満期が近づいている我が家のホンダ NBOXを引き合いに、見積もり比較サイトで保険料を比較してみました。

見積もり条件は次のとおりです。

年齢条件:35歳以上 運転者:本人限定 用途:日常・レジャー 等級:12等級 免許の色:ブルー免許 年間走行距離:8,000km


ケース1 基本タイプ

<補償内容>
対人:無制限
対物:無制限
人身傷害:3,000万円
搭乗者傷害:なし
車両保険:なし

保 険 会 社
年 間 保 険 料
保 険 会 社
年 間 保 険 料
三井ダイレクト
16,840円
ソニー損保
26,990円
アクサダイレクト
17,020円
損保ジャパン
28,770円
SBI損保
17,760円
東京海上日動
31,080円
セゾン自動車火災
24,910円
三井住友海上
32,870円
○○○○○ホーム
26,190円
  
  

同じ軽自動車、同じ見積もり条件でこれほど保険料が違うのは、ちょっと驚きです。

最も保険料が安いところと最も高いところでは16,030円も違い、ほぼ2倍の差になっています。

通販型各社を単純に平均すると26,618円、同じく代理店型各社の平均は30,906円となり、通販型の保険料の安さがはっきりと表れています。

■通販型…三井ダイレクト、アクサダイレクト、SBI損保、セゾン自動車火災、○○○○○ホーム、
     ソニー損保
■代理店型…損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上

セゾン自動車火災は代理店型自動車保険も販売していますが、年齢条件が1歳刻みで出力されたため、同社の「おとなの自動車保険」と判断し通販型に分類しました。)

年間走行距離が8,000kmだからでしょうか、リスク細分に走行距離を採用している○○○○○ホーム、ソニー損保が思ったほど安くなりませんでした。

逆に、走行距離によって保険料に差を付けない三井ダイレクト、SBI損保が安くなっています。

そして、ブルー免許だからでしょうか、免許証の色によって保険料に差を付けない三井ダイレクトが一番安い保険料になっています。


ケース2 基本タイプ + 搭乗者傷害保険

基本タイプに、割とポピュラーな搭乗者傷害保険(限度額:1,000万円)を付け加える場合をシミュレーションしてみました。

<補償内容>
対人:無制限
対物:無制限
人身傷害:3,000万円
搭乗者傷害:1,000万円
車両保険:なし

保 険 会 社
年 間 保 険 料
保 険 会 社
年 間 保 険 料
三井ダイレクト
18,510円
ソニー損保
29,470円
アクサダイレクト
19,300円
損保ジャパン
31,370円
SBI損保
20,190円
東京海上日動
見積もりできず
セゾン自動車火災
25,690円
三井住友海上
見積もりできず
○○○○○ホーム
27,680円
  
  

このケースでは、東京海上日動と三井ダイレクトが見積もり不能となりました。

そのほかの保険会社の順位は変わらず、会社の最も保険料が安いところと最も高いところでは12,860円の差になっています。

保険料の高い代理店型2社が見積もり不能となったため、全体の保険料の格差は縮小した形になっています。


搭乗者傷害保険は、契約車両に登場している人の怪我などを補償するものです。

損害賠償を基本にする自動車保険に、傷害保険を追加するというイメージです。

自動車保険自由化のあと登場した「人身傷害保険」が、示談前でも実損額が補償されるなど使いやすいことから、搭乗者傷害保険の意味合いが変わってきていますが、いまだに契約者は多いようです。

各社とも1,500円~2,500円の保険料追加で1,000万円の搭乗者傷害保険を付けられることがわかります。

ただし、各社とも搭乗者傷害保険のメニュー「日数払い」「部位症状別払い」のうち「部位症状別払い」しか選ぶことができません。

交通事故では鞭打ち症など通院日数が多くなる怪我が多く、搭乗者傷害保険は「日数払い」でなければメリットが小さいと言われており、確かに追加の保険料は高くないですが費用対効果の程は微妙であると言ったところです。

なお、東京海上日動と三井ダイレクトはいずれも搭乗者傷害保険の「日数払い」の選択が可能ですが、このことが見積もり不能になったことに関連しているのかもしれません。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりサイトでは通販型各社の初期対応の違いも知ることができ、格安で安心な自動車保険を簡単に見つけることができます。

一括見積もりのサービスは数多くありますが、初めての場合は利用者が多く定評のあるところがおススメです。実績が抜群な次の2サービスなら安心して利用することができます。

業界最多の最大21社、上場企業が運営する安心の無料サービス。既に300万人が利用。
詳細はこちら ズバット自動車保険比較

利用者600万人突破、最大20社へ最短5分で見積りを依頼。今最も利用されています。
詳細はこちら 自動車保険一括見積もり

こちら初加入の場合は車の型式・登録年月だけでOK ← ディーラーやカタログ等で確認できます。


このページの先頭へ