" 軽自動車の任意保険を節約する

軽自動車に似合う経済的な任意保険を選ぼう

軽自動車の任意保険

軽自動車が売れています。車の全保有台数に対する軽自動車の占める割合は2012年で36.3%と4割に迫りつつあり、普通乗用22.6%、小型乗用30.5%を大きく引き離しています。

世帯数から見ると、2011年3月末の時点で全国100世帯当たりの軽の保有台数は50.6台と半数をこえ、すでに2世帯に1台以上軽自動車が保有されているという状態になっています。(全軽自協による調査)。

軽自動車普及の最大の要因はその経済性にあるでしょう。自動車税、自賠責保険料などの維持費が普通車に比べてかなり安くなります。

それだけに軽自動車とはいえ欠かせない任意保険の負担が維持費に大きい影響を与えてしまいます。

自動車保険の選び方によっては、維持費が安いと言うせっかくの軽自動車のメリットも消し飛んでしまいかねません。

軽自動車こそ自動車保険選びが重要ではないかと言う観点から、軽自動車ならではの任意保険の注意点や軽自動車に似合う経済的な任意保険の選び方などをまとめてみました。


●「軽自動車の任意保険を節約する」で取り上げる内容

軽自動車の維持費と保険料

任意保険選びを間違えると維持費を圧迫し軽自動車がメリットが危うくなってしまいます。任意保険の保険料が維持費に与える影響をシミュレーションして見ました。

軽の保険料率は2種類だけ

保険料率から見た軽自動車の任意保険の特徴を取り上げ、具体的な保険料にどのように反映されているのか確認してみました。

軽の4ナンバーは得か?

軽自動車は、若い人なら年齢条件のない4ナンバーの方が任意保険料で得をするという噂がありますが、その真偽を検証してみました。

各社の保険料の違い

ホンダ・NBOXを例にとって、各社の任意保険料にどの程度の違いがあるのかを見積もりで比較してみました。

軽自動車の車両保険

保険料が跳ね上がる車両保険は軽の場合付けるかどうか悩ましいものです。軽自動車の経済性を損なわないような車両保険の工夫はあるのか検討してみました。


このページの先頭へ