" アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトの自動車保険

注目保険会社名
アクサ損害保険株式会社

注目契約タイプ
ダイレクト系(通販型)

注目格付会社による保険財務力格付※①

注目ソルベンシーマージン比率※②
609.8%


■高いレベルでの総合バランスの良さが魅力

意外に知られていないことかもしれませんが、自動車保険全24社(2011年6月)の中でアクサダイレクトだけが行っていることがあります。

※初めて車を持つ人でもネットで見積もり、契約申し込みができること

※バイク保険に原付向け(125cc以下)の排気量区分を設けていること

他社が行っていないこの顧客目線の特徴に、ユーザー本位の姿勢とグローバルな企業としてのパワーが表れているのかもしれません。

アクサダイレクトは、世界最大級の保険・金融グループ、アクサグループ(顧客約5.000万人)の損保会社です。

膨大な顧客実績と優れたノウハウによって、日本の自動車保険市場に「同じ補償内容でここまで保険料を安くできる」という自動車保険の新しい姿を提示し、顧客を増やしています。

価格(保険料)の安さ、定評の事故対応、充実した無料付帯サービスなど、高いレベルでの総合バランスの良さがアクサダイレクトの優れた特色でしょう。

アクサダイレクトの無料見積もりなら、ほとんどの方が満足できる結果が得ることができます。

事故対応サービスで目立っているのが被害事故相談の専門スタッフが準備されていることです。

もらい事故の場合でも相手方への請求や対応方法について専任の相談スタッフによるアドバイスが行われます。

そのほかにも事故対応には次のようなサービスが用意されています。

○示談書省略サービス
対物事故においては、電話により示談確認を行った場合、過失の有無を問わず示談書を省略して迅速に保険金が支払われる取扱になっています。

○保険金請求書類省略サービス
車両・対物事故の場合は、原則として電話により保険金請求の意思の確認が行われ迅速に保険金の支払いが行われます。

○事故証明取得代行サービス
保険金のご請求に関わる事故証明書の取得もアクサダイレクトが行い、契約者の取得費用の負担はありません。

○事故経過Web照会
事故解決への経過状況がアクサダイレクトのホームページ「マイ・アクサファイル」で確認できます。


※①・・・保険財務力格付(2013年02月04日 現在)
格付け会社スタンダード&プアーズによる格付け。
「AAA AA A BBB BB B CCC CC R NR」 の10段階の格付けがあり、「BBB」以上に格付される保険会社は強みが弱みを上回る財務内容とされる。

※②・・・ソルベンシーマージン比率(平成24年3月期決算ベース)
ソルベンシーマージン比率は保険金の支払能力を表す指標の1つ。一般に200%を超えていれば十分な支払い能力を持っているとされている。

チューリッヒソニー損保アクサダイレクト三井ダイレクト損保そんぽ24SBI損保
東京海上日動AIU三井住友海上富士火災セコム損保


このページの先頭へ