" 自動車保険 年齢条件による保険料の違いを検証

年齢条件のチェックを忘れてはいけない

年齢条件の違いにより保険料はいくら安くなるのか

生命保険は年齢が若い人ほど安く加入できますが、自動車保険の場合は事故率データなどの統計から若年層ほどリスクが高いため、若い人ほど保険料が高くなります。

自動車保険各社は「年齢条件」によって年齢層の違いによるリスクの違いを保険料に反映させています。

年齢条件の区分は、各社とも「年齢問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」となっています。(一部「35歳以上補償」の区分がない保険会社もある。)

この年齢条件の違いによる保険料の違いはどの程度になるのでしょうか。いくつかの保険会社の見積もりサイトで試算してみました。


■年齢条件の違いによる保険料の差額

<見積もり条件>
スズキ スイフトスポーツ 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:なし 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険:なし

<イーデザイン損保>

 

保 険 料

一つ上との差額
年齢問わず補償
との差額
年齢問わず補償
68,970円
21歳以上補償
41,310円
27,660円
27,660円
26歳以上補償
35,170円
6,140円
33,800円
30歳以上補償
32,760円
2,410円
36,210円

<ソニー損保>

 

保 険 料

一つ上との差額
年齢問わず補償
との差額
年齢問わず補償
81,530円
21歳以上補償
47,420円
34,110円
34,110円
26歳以上補償
36,540円
10,880円
44,990円
30歳以上補償
35,040円
1,500円
46,490円

もう1社、年齢条件が35歳以上まである三井ダイレクトも確認してみました。

<三井ダイレクト>

 

保 険 料

一つ上との差額
年齢問わず補償
との差額
年齢問わず補償
65,610円
21歳以上補償
38,720円
26,890円
26,890円
26歳以上補償
28,490円
10,230円
37,120円
30歳以上補償
27,490円
1,000円
38,120円
35歳以上補償
27,130円
360円
38,480円

年齢条件の設定による保険料の違いはめざましいです。

特に「21歳以上限定」は「年齢問わず補償」の保険料を4割以上も押し下げ、「26歳以上限定」になるとイーデザイン損保でほぼ半額まで、ソニー損保、三井ダイレクトでは半額を大きく割って「年齢問わず補償」の44%ほどまで保険料が安くなります。

今回の比較で初めてわかりましたが、これほど大きな違いになるとは思いませんでした。

自動車保険の年齢条件

誕生日が来て21歳や26歳になったら、直ちに年齢条件の変更を行うべきだということが良くわかります。

年齢条件は保険期間の途中でも変更でき、月払いでなく一括払いで保険料を払い込んでいる場合でも再計算により安くなった分が返金されるからです。

逆に、子供が運転免許を取り1台の車を家族でシェアする場合は、年齢条件を若い人に合わせることによって保険料が大幅にアップしてしまうこともわかります。

そのような家庭では、契約者本人でなく家で最も若いドライバーが21歳・26歳・30歳などの節目になった時に、年齢条件の変更を行うことを忘れてはいけません。


「35歳以上補償」の年齢区分のある保険会社の場合、該当する人はどの程度保険料が安くなるかが知りたくて三井ダイレクトの見積もりもしてみたのですが、結果はご覧のとおりです。

試算ケースの場合「30歳以上補償」に比べて保険料の差は360円となりました。

30歳以上では事故発生率のカーブがほぼフラットに近くなっているということなのでしょう。

この結果から見ると、35歳以上だからと言って「35歳以上補償」の区分のある保険会社にこだわる必要はないことがわかります。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら年齢条件、運転者限定を設定して一番安い自動車保険を簡単に探すことができます。



このページの先頭へ