" 自動車保険の車両保険を工夫する

車両保険をできるだけ安く付けられる方法を探る

車両保険をどう考えればいいのか

自動車保険の車両保険

車両保険は自分の車の損害に対する補償です。

付けていなくても他人に迷惑をかける心配がないこと、付けると保険料を押し上げてしまうことから、できるだけ保険料を節約したいと思えば、車両保険をどうすればいいのか悩んでしまうものです。

考え方は色々あるかもしれませんが、一般的には次のようなケースに該当する場合は車両保険を検討した方がいいと思います。

・車のローンが残っている
・大きい修理費用はローンで調達しなければならない
・盗難やいたずらの心配な人気車、高級車に乗っている
・仕事や通勤で毎日自動車が欠かせない

逆に次のような場合は車両保険は必要ないということになります。

・ある程度の修理費用は自己資金で調達できる
・格安中古車などで修理するぐらいなら新しい車に乗り替える


車両保険は青天井で損害額の予測が付かない対人賠償などと違い、発生する損害額をある程度予測することができます。

車の時価が150万円であれば、150万円を超える損害額になることはあり得ません。

その金額が自分で負担できる額だというのであれば、保険は必要ないと言えるわけです。

車両保険の補償額は車の時価が上限になりますが、この時価は年々下がって行き、それにつれて車両保険の必要性も年々低くなっていきます。

このように見ると、車両保険は保険会社の勧めや横並び感覚で付けるものではなく、自分の状況を良く考えて判断するべきものだと思います。


車両保険にはエコノミーなタイプがある

車両保険には補償範囲により「一般」と「エコノミー+A」「エコノミー」の3種類があります。

<車両のタイプによる補償内容比較>

 
一般タイプ
エコノミー+A
エコノミー
自損事故、転落・転倒
×
×
他車との事故
当て逃げ
×
×
盗難
×
台風・洪水、火災・爆発
×
落書き・いたずら
×

「エコノミー」は他車との事故しか補償対象にならず、実際には「一般タイプ」、「エコノミー+A」の二つから選ぶことになります。

事故、盗難、災害のほか運転ミスによるボディーのこすりや狭い駐車場での当て逃げにも備えたいという場合には一般タイプが向いており、その程度までは自費でなんとかするという場合はエコノミー+Aでもよいということになります。

また、車の時価が高い新車から数年間は一般タイプにして、その後はエコノミー+Aや車両保険無しにするという考え方もあり得ます。


車両保険の免責金額

また車両保険では、修理費用の5万円までは自費で負担するというように、自己負担の上限を決める「免責金額」を設定することができます。

せっかく車両保険をつけているのだから自己負担などしたくないという場合は(保険料が高くなりますが)免責金額を低めに設定し、逆に事故の修理費用は自己負担するが、負担の大きい盗難や全損の場合は保険でまかないたいという場合は免責金額を高めに設定すれば保険料が節約できます。

また免責とは違いますが、普段はほとんど乗らず、乗っても近所を少し走る程度だけで大きい事故や盗難はまず心配無いだろうという場合は、保険金額を低く設定して保険料を抑えるという考え方もあります。


車両保険の保険料の比較

以上のように、車両保険の付け方には様々なバリエーションがありますが、いくつかのケースを想定し必要となる保険料の金額を見積もってみました。


■一般タイプ(保険金額:125万円)の場合の保険料

<見積もり条件>
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険の保険金額:125万円


保 険 会 社

車両保険なし
<免責>
1回目:0万円
2回目以降:10万円
<免責>
1回目:5万円
2回目以降:10万円
免責金額による
保険料の違い
アクサダイレクト
23,110円
54,730円
46,610円
8,120円
○○○○○ホーム
31,060円
66,380円
62,080円
4,300円
損保ジャパン
35,370円
85,750円
73,770円
11,980円
三井住友海上
39,320円
93,470円
80,200円
13,270円

■エコノミー+A(保険金額:125万円)の場合の保険料

<見積もり条件>
上と同じ


保 険 会 社

車両保険なし
<免責>
1回目:0万円
2回目以降:10万円
<免責>
1回目:5万円
2回目以降:10万円
免責金額による
保険料の違い
アクサダイレクト
23,110円
38,440円
34,790円
3,650円
○○○○○ホーム
31,060円
52,150円
47,940円
4,210円
損保ジャパン
35,370円
58,980円
53,360円
5,620円
三井住友海上
39,320円
64,120円
58,040円
6,080円

やはり車両保険は保険料が高いことがわかります。

一般タイプを選べば、免責金額を初回5万円にしても保険料はほぼ2倍か、それ以上になってしまいます。

コンパクトカーのスイフト、保険金額125万円の車両保険でこの値段ですから、価格の高い高級車などでは車両保険の負担がとても大きくなってしまうことが推測できます。

でも、エコノミー+Aの免責5万円のケースであれば、通販型で11,680円(アクサダイレクト)、16,880円(○○○○○ホーム)と1万円台の保険料追加に抑えることができます。

一般型から自損事故、当て逃げでの補償をはずしただけの内容でここまで保険料を節約できるのですから、「エコノミー+A 免責金額あり」はとてもリーズナブルな選択と言えそうです。


自動車保険 相場車両保険をリーズナブルな保険料で付けることのできる自動車保険が【無料】一括見積もりなら簡単に見つかります。



このページの先頭へ