" 自動車保険 搭乗者傷害保険の保険料

事故後の当座の支払いに備えられる搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険の必要性が曖昧になっている?

搭乗者障害保険あるいは搭乗者障害特約(以下、「搭乗者障害」)は、名称からもわかるように事故の時に自動車に乗っていた人に対する補償です。

自動車保険の契約者本人、同乗者の補償範囲を改めて整理すると次のようになります。

 
運転者(契約者)
家族である同乗者
家族以外の同乗者
対人賠償保険
×
×
搭乗者障害保険
人身傷害保険

これからわかるように、家族以外の同乗者は対人賠償の対象になりますので、搭乗者障害は契約者本人とその家族のケガなどをカバーできる補償だということになります。

同様に本人、家族、同乗者を補償対象にするものとして人身傷害保険がありますが、搭乗者障害と人身障害との違いは次のようになります。

 
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
補償を受ける人
契約車両の搭乗者 契約車両の搭乗者
契約者本人とその家族
補償対象
契約車両を運行中の事故 契約車両を運行中の事故(自損事故を含む)
車外での交通事故(本人・家族)
保険金
死亡の場合は限度額の全額
ケガの場合は日数払い・部位症状別払い
のいずれか
過失割合にかかわらず限度額の範囲内で
実損害額を補償
治療費の実費、休業損害、慰謝料なども補償

この比較を見ると、「人身障害を付ければ搭乗者障害は必要ないんじゃないの?」「人身障害と搭乗者障害の両方を付けるメリットは?」などという疑問が出て来るかもしれません。

人身傷害は自動車保険自由化の頃から発売され一気に広がった補償で、実際「人身傷害が出来てから搭乗者傷害保険の位置づけ、必要性が曖昧になってきている」と言われることもあります。

レンタカー会社など、人身障害が出てからはほとんどの会社がレンタカーの保険を搭乗者障害から人身障害に切り替えてしまっているようです。

人身障害の普及によって搭乗者障害の役割はもうなくなってしまったのでしょうか。

人身障害と搭乗者障害を一緒に付けるメリットは全くないのでしょうか。


搭乗者障害を人身傷害とセットにするメリット

人身障害を差し置いて搭乗者障害だけにするというケースはあまりないでしょうが、搭乗者障害を人身障害とセットで付帯する例は少なくないようです。

それは、人身障害に加えて搭乗者障害を付けるメリットが全くないわけではないからです。

実際の損害額を補償する人身障害は、損害額を確認できる書類が整わないと保険金が支払われず、入院や通院の当座の支払いに対応できません。

搭乗者傷害は契約で定める定額の補償であることから、治療費などけがの部位や症状に応じてスピーディーに保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険には、このように事故後の入通院に要する当座の出費への備えという立派な役割があります。

搭乗者障害と人身傷害をセットで加入することを勧める保険会社があるのも、搭乗者障害にこのメリットがあるからです。

したがって、搭乗者障害を付けるかどうか、その保険金はいくらにするのかは、このような当座の支払いなどにどこまで備えるのかという判断になると思います。


搭乗者障害の保険料

人身障害だけの場合と、人身障害と搭乗者障害がセットの場合の保険料の違いを比較してみました。

搭乗者障害の保険金が1千万円の場合と2千万円の場合とに分けて見積もりをして見ました。

■「人身傷害のみ」と「人身障害+搭乗者障害:1千万円」との保険料の差額

<見積もり条件>
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000
対人:無制限 対物:無制限 人身障害:3,000万円 車両保険:なし

保 険 会 社
人身傷害のみ
+搭乗者障害:1千万円
保険料の差額
SBI損保
19,790円
21,760円
1,970円
三井ダイレクト
20,490円
21,790円
1,300円
アクサダイレクト
23,110円
24,760円
1,650円
○○○○○ホーム
31,060円
32,940円
1,880円
ソニー損保
32,210円
34,220円
2,010円
損保ジャパン
35,370円
37,550円
2,180円

■「人身傷害のみ」と「人身障害+搭乗者障害:2千万円」との保険料の差額

<見積もり条件>
上と同じ

保 険 会 社
人身傷害のみ
+搭乗者障害:2千万円
保険料の差額
1千万円と2千万円の差額
SBI損保
19,790円
22,310円
2,520円
550円
三井ダイレクト
20,490円
22,400円
1,920円
620円
アクサダイレクト
23,110円
25,560円
2,450円
800円
○○○○○ホーム
31,060円
33,820円
2,760円
880円
ソニー損保
32,210円
34,990円
2,780円
740円
損保ジャパン
35,370円
試算できず
  
  

ブルー免許での見積もりだからでしょうか、免許証の色で保険料に差のつかない三井ダイレクトが一番安くなっていますが、その他の保険会社を見ると、1千万円の搭乗者障害保険を付けるにはほぼ2,000円前後の保険料追加が必要になっています。

保険金を1千万円から2千万円にするには、さらに550円~880円の追加が必要なこともわかります。

考え方は人それぞれでしょうが、搭乗者障害は人身障害の補償の上乗せ的なものであり、上述のように当座の支払いへの備えと割り切れば、付帯するとしても1千万円で十分という気もします。


自動車保険 相場人身障害、搭乗者障害を付帯して一番安い自動車保険が【無料】一括見積もりなら一度の入力で簡単に見つかります。



このページの先頭へ