" 自動車保険の対物補償の限度額「無制限」は必要か?

「対物:無制限」はいい買い物になる

対物補償の「無制限」は本当に必要なのか?

自動車保険の対物賠償について、1,000万円とか2,000万円という限度額で契約されている方も多いようです。

その考え方は「事業用のトラックでさえ数千万円程度なんだから」「事故の相手が高級車でも2,000万円もあれば足りる」「軽自動車だから大きな事故にはならない」など様々でしょう。

現に物損事故での対物賠償金額の平均は数十万円ほどというデータもあり、確率から言えば数千万とか億単位の高額な賠償金額が発生する事故が多いとは言えないでしょう。

中には、保険会社が「対物:無制限」を勧める裏には、より多くの保険料を取りたいという魂胆が見え隠れしていると言う方も居られるようです。

自動車保険

しかし一方で、物損事故は年々高額になっているのも事実のようです。

例えば高額なバスとの事故です。観光バスは普通のタイプでも4,000万円~5,000万円、ロイヤルサルーンカーのようなタイプになると1億円にもなるそうです。

高速道路などは観光バスが一杯です。衝突の弾みでバスが横転したり、山道で衝突したはずみにバスが谷底へ転落したりしたらどうなるでしょうか。

2,000万円などではカバーできない損害額になってしまうでしょう。

対物賠償の保険金額は1回の事故における支払全体の上限額です。玉突き事故や衝突のはずみで店舗につっこんだときなど相手(被害者)が複数になった場合、全員の被害総額をあなたが賠償しなければなりません。


年間1,000円足らずの追加で限度額を「無制限」にできる

限度額1,000万円、あるいは2,000万円の対物賠償保険を「無制限」にするには、保険料をいくら追加しなければならないのでしょうか。

見積もり比較サイトで検証してみましたが、実はその結果に驚いています。


■「対物:1千万円」を「対物:無制限」にするための保険料の増

<見積もり条件>
スズキ スイフトスポーツ 年齢:30歳 等級:12等級 免許証の色:ブルー免許 運転者限定:本人限定 主たる用途:日常・レジャー 走行距離:8,000km

保 険 会 社
対物:1千万円
対物 : 無制限 
1千万円と無制限との差額
SBI損保
19,260円
19,790円
530円
三井ダイレクト
19,850円
20,490円
640円
アクサダイレクト
22,530円
23,110円
580円
○○○○○ホーム
30,310円
31,060円
750円
ソニー損保
31,430円
32,210円
780円
損保ジャパン
34,470円
35,370円
900円
三井住友海上
38,480円
39,320円
840円

対物:1千万円を対物:無制限にするために必要な保険料の差額は530円から900円までと各社の違いはありますが、いずれも1,000円に満たない額で、平均は720円程度になります。


■「対物:2千万円」を「対物:無制限」にするための保険料の増

<見積もり条件>
上と同じ

保 険 会 社
対物:2千万円
対物 : 無制限 
2千万円と無制限との差額
SBI損保
19,360円
19,790円
430円
三井ダイレクト
19,970円
20,490円
520円
アクサダイレクト
22,640円
23,110円
470円
○○○○○ホーム
30,450円
31,060円
610円
ソニー損保
31,580円
32,210円
630円
損保ジャパン
34,640円
35,370円
730円
三井住友海上
38,640円
39,320円
680円

対物:2千万円を対物:無制限にするための保険料の差額はさらに小さくなって430円から730円まで、平均は520円になります。


なんと各社とも「限度額:1,000万円」の保険料と「限度額:無制限」の保険料の差額は、年間1,000円にもならないのです。

「限度額:2,000万円」なら年間たった500円前後の保険料追加で無制限にすることができます。

限度額を上げても大きい保険料の差額にはならないことを頭では知っていましたが、これほど差額が小さいとは思いませんでした。

逆に言えば、リスクを犯して限度額を無制限から2,000万円や1,000万円に落としても、保険料の節約は1,000円にもならないということになります。


限度額オーバーの怖さを知れば「無制限」は高い買い物ではない

対物補償の限度額を超える損害額が出たときの怖さをご存知でしょうか?

例えば対物の限度額1,000万円の車で被害総額5,000万円など明らかに限度額を超える事故になった場合、保険会社は相手との交渉窓口にはなれません。

示談後に限度いっぱい1,000万円は支払われますが、限度額を超える損害の示談交渉に保険会社は責任を持てませんので、契約者自らが弁護士をたてるなどして相手方と交渉しなければなりません。

限度額を超える金額の自己負担だけでなく、弁護士費用の負担、精神的負担なども加わり、大変な打撃になるでしょう。

対物賠償を「無制限」にしていさえすれば、すべて保険会社が相手と交渉し保険金を支払ってくれたのにと思っても事故が起きてからでは遅いのです。

この怖さを知れば、対物の限度額を無制限にした方が良いということの意味が良くわかります。

また保険会社が「対物:無制限」を勧めるのは、より多くの保険料を取りたいというだけでもないという気がしてきます。

年間たった1,000円にも満たない保険料の違いでこのような不安を一切排除できるのですから、対物限度額で「無制限」を選ぶのは費用対効果の高い良い買い物だと言えるのではないでしょうか。


自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら、対物補償などあなたの希望する加入条件で格安の自動車保険を簡単に見つけることができます。



このページの先頭へ