" 補償内容によって任意保険料が違う

補償内容の変更が保険料に与える影響額について徹底試算

例えば対物賠償を3千万円から無制限にすれば安心だとわかっていても、そのための保険料追加がどの程度になるのか見当が付かなければ費用対効果がわからず、限度額変更に踏み切るのは難しくなります。

補償内容設定や変更などの判断の際の参考になるよう、主な補償について限度額や設定条件を変更すれば保険料の差額はどうなるのかを検証してみました。

年間1,000円もかからずに限度額を無制限にできたりとか、あまり費用対効果が高くないといえるケースまで様々ですが、新規加入や満期の際の加入条件見直しなどの参考になるよう徹底的に見積もり比較をして見ました。


●「補償内容によって任意保険料が違う」で取り上げる内容

自動車保険の相場

対物補償の上限をどうする?

対人賠償保険の限度額無制限をすする保険会社が多くなっていますが、無制限にするメリットと費用対効果を検証してみます。

人身障害3千万円は十分か

運転者、同乗者のケガなどを保障する人身傷害保険の限度額は最低額である3千万円のケースが多く見かけられますが、それで十分なのか、5千万円との保険料の差の試算などにより検討してみます。

搭乗者障害を付けるメリット

人身傷害保険をつければ搭乗者障害保険は要らないと言う方も居られますが、果たしてどうなのか。搭乗者障害のメリットや必要性を考えて見ます。

車両保険を安く付ける工夫

付ければ安心ですが保険料が高くなるのが悩みの車両保険。この車両保険の付け方を工夫してリーズナブルな保険料に収める方法を紹介します。

年齢条件で保険料を節約

年齢条件の設定は保険料払い過ぎ防止の重要ポイントの一つです。年齢条件を付けることにより保険料がどれだけ節約になるのかを大手3社の場合で試算し比較してみました。

運転者限定で払い過ぎを防ぐ

運転者の限定も自動車保険節約の重要ポイントです。運転者限定の有無による保険料の違いを比較して節約効果を検証して見ました。



このページの先頭へ