" 免許証の色で自動車保険を選ぶ

免許証の色は保険会社が重視する重要なリスク要因

ほとんどの自動車保険はゴールド免許割引

自動車保険の相場

運転免許証は、免許を取ったばかりの初心者のときは、グリーンからスタートします。

その後、最初の免許証の更新の時にブルーになり、ブルーのまま5年間無事故・無違反であればゴールド免許になります。

この免許証の色の違いは、運転の習熟度と無事故歴を表わすバロメータになりますので、自動車保険では保険料に反映させる保険会社が多くなっています。

保険料は、未熟であるグリーンのときが一番高くなり、ブルー、ゴールドとなるにつれて保険料が安くなるというのが一般的な形です。

保険会社によっては、ゴールド免許とそれ以外に区分して、ブルーとグリーンを区別しない場合もあります。

ゴールド免許の場合には、何といっても5年間という無事故、無違反のキャリアががあるわけですから、保険会社がリスクの観点から重要視するのは当然だといえます。

<参考>
・優良運転者(ゴールド・5年更新)・・・過去5年間で無違反
・一般運転者(ブルー・5年更新)・・・過去5年間に軽微な違反が1回
・違反運転者(ブルー・3年更新)・・・上記以外


免許証の色で保険料の差が出ない自動車保険がある

自動車保険の自由化により登場した自動車保険のほとんどがゴールド免許を優先するスタイルですので、ゴールド免許の方なら各社の割引の違いなどを比較することになるでしょう。

ブルー免許やグリーン免許の場合は、ほとんどの保険会社でゴールド免許よりも保険料が割高になるのですが、中には免許証の色で保険料が割高にならない、貴重な存在の任意保険もないわけではありません。

中でも、ブルー免許やグリーン免許の方におすすめなのが三井ダイレクト損保の自動車保険です。

通販型の三井ダイレクトはもともと保険料の安さはトップレベルですが、他の通販型と異なり免許証の色によって保険料に差がつかないようになっているのが大きい特色です。

ゴールド免許による割引のある自動車保険は、確かに優良ドライバーにとってはハードルの低い保険になりますが、免許取得後日の浅い人などにとっては加入しやすい保険とは言えません。

免許証の色に関係なく納得の保険料で加入できる三井ダイレクト損保はブルー・グリーン免許の方の味方になるお勧めの自動車保険です。

保険期間の途中で免許の色が変わったら?

保険期間の途中でゴールド免許からブルー免許に変わったら?

免許証の更新は自動車保険の満期にあわせて行うわけではありませんから、自動車保険契約を結んだ時の免許証の色が保険期間中に変更することもあります。

ゴールド免許の割引を受けていた人が保険期間の途中の免許更新でブルーに変わった場合、これを申告して割引を受けていた保険料を返還しなければならないのでしょうか?

結論は、「返還しなくてもよい」ということになります。

通常、ゴールド免許の割引は保険始期日時点での免許の色で判断されます。

ですから 免許証の色をブルーで契約した後にゴールド免許に変わったからといって保険期間の途中から割引が適用されることはありませんし、逆にゴールドからブルーに変更されたとしても割引分の保険料の返還も必要ありません。

このように、契約期間途中での内容変更は行われないので、保険継続更新の際は免許証の色が変わった旨を申告し運転免許証の色を変更することになります。

また免許証の更新は仕事の合間に時間をやりくりして行なう場合が多いため、更新のタイミングにより保険料の取扱いが不公平にならないような特例も用意されています。

それは、「保険開始日にゴールド免許に更新できるにも関わらず更新していない」、「保険開始日時点でゴールド免許を保持できるにも関わらず早期に更新してゴールドが失われた」というケースには、ゴールド免許を持っていたものとみなして保険契約を行なわれるというものです。

自動車保険 相場【無料】一括見積もりなら自分の免許証の色による各社の保険料の違いを一度の入力で知ることができます。



このページの先頭へ