" 走行距離で自動車保険を選ぶ

自分の走行距離にあった自動車保険を選ぼう

走行距離の扱いには二つのタイプがある

年間走行距離による保険料の違いから見た場合、自動車保険には次の二つのタイプがあります。

・年間走行距離の大小によって保険料に違いがでるタイプ
・年間走行距離が違っても保険料が変わらないタイプ

保険料に違いが出るタイプでも、走行距離の区分や割引額は各社それぞれであり、どこが一番安くなるのかはケースバイケースで異なってきます。

各社は走行距離でも独自の特色を打ち出すことによって、それぞれの顧客ターゲットを狙っているようです。


走行距離が少ないと保険料が安くなる自動車保険

自動車保険の相場

自動車の走行距離は年間1万km程度が車の査定基準などでも標準とされています。

この年間1万km前後を境に、走行距離が少ないと保険料が安くなり、逆に走行距離が多いと保険料が高くなるタイプの自動車保険があります。

代表的なところは、アクサダイレクト、ソニー損保、チューリッヒ、そんぽ24などといったところで早くからリスク細分を特色として打ち出してきた保険会社が並びます。

走行距離が少ないと保険料が安くなるのですから、土日しか運転しない週末ドライバーなどの場合はこのタイプの自動車保険が有利になります。

逆に、長距離通勤などで走行距離が大きいドライバーの場合は保険料が割高になり、不利になります。


走行距離によって保険料が変わらない自動車保険

一方、走行距離のリスク区分がなく、走行距離が多くても少なくても保険料には影響しないタイプの自動車保険があります。

代表的なところは、三井ダイレクト、SBI損保、イーデザイン損保などで、通販型の後発組が並びます。

先発組との差別化のために、「走行距離が多くても保険料が安い」という点をセールスポイントにしているのかもしれません。

このタイプの自動車保険は、長距離通勤や通学などで毎日自動車を使い、年間走行距離が1万キロをはるかに超えてしまうようなドライバーにとっては大変ありがたい存在になります。

走行距離の多い方が保険料を安くするため代理店型から通販型に切り替えても、このタイプの通販型を選ばないと、格安の保険料にはなりにくいことになります。

自動車保険 相場【無料】一括見積もりを利用すると、自分の年間走行距離による各社の保険料の違いを一度に知ることができます。

実際の走行距離が契約の距離をオーバーしたら?

自動車保険の「年間走行距離」は誰がどうやって決めるのでしょうか。

年間走行距離によって保険料の割引が違う自動車保険各社は、ほとんどが事前に本人が予想年間走行距離を申告するという方法を採っています。

申告した走行距離が短いほど、事故のリスクが減少するため、保険料が安くなるメリットがあります。これに対して、長い距離を走る人はリスクが高いので保険料もアップします。この走行距離の区分は保険会社により様々なタイプで分かれてきます。

申告する走行距離はこの先1年間に運転するであろう予想距離ですので、当然ながら通勤手段の変更や車旅行などが原因で申告通りの走行距離で収まるのはなかなか難しいということになります。

では実際の走行距離が申告していた走行距離を大きく超えてしまった場合はどうなるのでしょうか。

通常契約継続時にオドメーターの数値が確認されますので、著しく走行距離に差がある場合は追加で保険料を支払わなければならない可能性もでてきます。

また、ソニー損保のように、「こえても安心サービス」と称し、契約中に契約距離区分をオーバーして走行しても、連絡、追加保険料が不要となるサービスを行っているところもあります。

いずれにしろ、このタイプの自動車保険の場合は、保険期間中走行距離が少しでも申告の距離を上回ったら保険会社へ連絡するのがいいでしょう。



このページの先頭へ